読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EsIdea -仕事について考える-

仕事や心理について

学校教育と就職活動のギャップ

人生において学校教育を受ける期間はとても長い。義務教育は中学生までだが、多くの日本人は高卒以上だ。しかしその教育機関は昭和の時代からほぼ変化していない。

教育機関はなんのためにあるのか。それは、人材を育てるためである。ならば、教育は時代のニーズに合った教育をするべきだ。

しかし、これだけ時代が変化しているというのに、変わったことといえば、情報の科目が増えたことと、ゆとり教育という名のもとに学習時間が削られたことぐらいだ。

いつまでインプット中心なのか

少々の変化があるとはいえ、学校教育がインプットに偏っていることは否定できない。決められたことを学び、それを正確に複製することが日本教育の核だ。

これは産業革命以後の生産能力向上のための教育を引きずっているためだ。設計図通りに、素早く、正確に行うことは、制限時間内に教えられたことを正確に紙に書くことと同じだ。

しかし、現代ではそういう人材が多く求められてはない。商品の寿命が短くなり、消費者の飽きも早くなった。マーケティングによってみんなが同じものを買う時代も終わりかけている。

企業側も、自分から率先して動き、新しい発想を広げていく人材を求めている。学校教育は言われたことを正確に行う人材を作り出しているにも関わらずだ。

そのギャップにより、大学までインプットを完璧にこなしてきた人間が、就職活動にあたって困惑する羽目になる。

若い頃から時代を読み、行動できる人間はいいかもしれない。しかし、学校教育を盲目的に信じ生きてきた人間にとってこの現実は非常につらいものになりかねない。

勉強と仕事に対する考え方

勉強は多くの学生にとってつらく、苦しいものだ。何のために学ぶかもわからず、決められたカリキュラムを周囲と同じように学ぶ。個性を封殺して、周囲とおなじものになっていく過程は虚無感すら覚えかねない。

こうして、学生は勉強が嫌になっていく。しかし、いい大学に行くために歯を食いしばって、毎日何時間も続ける。そういうことを続けていれば、大学受験をすぎた瞬間に、勉強をしなくなるのも納得できるだろう。多くの学生にとって大学入学がゴールなのだから。

そして卒業とともに嫌な「勉強」は嫌な「仕事」に変わる。

本来勉強と仕事は楽しいもの

こういった現象はシステムに疑問を抱かず、変化を恐れてきた大人の責任だ。いや、もっと恣意的なものが働いているのかもしれない。

なんにせよ、現代教育は誤った方向に進みながら、修正する機会を見失っている。本来勉強は知識がほしいと感じて学ぶものであり、欲した知識を得るのだからそれは楽しいことのはずなのだ。にも関わらず、強制的に欲しくもない知識を植え付けられるものだから、学習自体を嫌悪するようになってしまう。仕事も同様だ。

子供の為を思ったなら、義務教育など無視して家で自由に学ばせるほうが将来的に良いのかもしれない。学習を楽しいと思えれば、勝手に学びを高める人になるのだから、強制的に教える必要などないはずだ。

アウトプットを中心の教育

これまで批判をしてきたが、インプット教育が全て悪いということではない。ある程度の基礎知識はインプットすべきだろう。しかしそれはアウトプット中心であるべきだ。「こういうアウトプットをしたいから、このインプットが必要」という風な教育に変えていく必要があるだろう。その上で、独自にアウトプットしたものを共有して、協力しあって更に高めていく。こういった教育の末に生まれた人材はおそらく、今の時代にあった人材になっていくはずだ。

知識を詰め込むのではなく、望まれたものを渡す教育が今必要なのではないだろうか。

収入を給料だけに頼る危うさ

仕事をするとなると、ほとんどの人が就職先の仕事にほとんどの時間と労力を消費して、他の時間は仕事のストレスを解消したり、家族や、他人のために時間をつかったりする。一般的な考え方をするとこれは安定しているといえるが、投資的な考え方をすると、これはかなり危うい状況だ。

資産を1つに集中してはならない

投資的には資産を一箇所に集めておくことは危険だ。一時的に資産が増えるところへお金を集めることはあっても、常に一箇所にあつめておくことは、全てを失うリスクがあるということだ。一箇所に資産をあつめるのなら、高いリターンを求められる。

サラリーマンにとって、給料、時間、人脈が資産の大きな部類にあたる。この資産のうち、もっとも資産を増やす可能性のあるものは時間だ。

時間があれば、さまざまなことができ、新たに資産を生み出すシステムを作り出せる。例えば、アプリを開発してみたり、ブログを運営してみたりと最初はすずめの涙程度にしろ、資産が増えていくことには違いない。少なくとも、ゲームをしてすごしたり、カラオケにいったりといった時間よりはリターンが大きい。

副業はやっといて損はない

ほとんどの日本企業は副業を禁止している。それは副業で成功されると、困るからだ。ただ、就労規則でそういったことが決められていても、法的に違法ではない。正直、副業が成功しない限り、収入増で会社側に露見することがないのだから、やっといて損はない。もし、副業が成功したなら、副業に専念すればよいのだ。

退職のリスクを負えるほど、副業の収入がまだ心もとないのなら、新たに仕事を探すのもいいし、仕事をアルバイトに変更して時間の割り振りを変えるのもありだ。

しっかり仕事ができていれば、ちょっとやそっとの副業で文句を言われることはない。副業で何か文句を言われて退職を迫られるなら、副業がなくてもおそらく一緒だ。そういう企業は何かしらの事情で退職させる理由を探しているのだから。

収入が1000万でもクビになれば0

仕事が高収入だから安定というのは嘘だ。年収1000万の待遇を得ていても、何かの問題でクビになってしまえば、無収入になるし、再就職が難しい可能性だってある。さまざまなリスクを考えるのなら、収入が安定しているうちに別の収入源を探るのがリスクを減らす唯一の方法だ。

貯金があればそれだけ時間ができる。その時間を利用して、新たな収入源を作り出すことができる。もし、十分な収入と貯金があって、時間がないのだとしたら、仕事を辞めて、時間を優先するのも手だろう。

第二新卒で部署ごと丸投げされた話

新卒で入社した会社が盛大にブラックだったわたしは、次の会社では、技術職で就職をすることにした。そして、なけなしの預金をはたいて、WEBの専門学校に半年間かよい、WEBデザインの基礎を身に着けた。

町の工務店に就職

リーマンショックの影響もあり、就職氷河期は続いていた。しかも前職は在職期間が1ヶ月で実務経験は皆無だ。とてもじゃないが、WEBデザイナーで雇ってくれるような会社はなかった。

そんな中、特殊な募集を見つけた。

工務店が建築金物を扱うECサイトを運営していて、その部署のマネージャー募集だった。マネージャーなのに、業界未経験でも可というなんとも不思議な内容だった。

会社に行ってみると、ほんとうに町の工務店だった。建材がところ狭しと積まれ、ガレージには汚れたライトバンが停まっていた。

中に通され、最初に出てきた面接官は以外にも女性だった。雰囲気はとても工務店に努めているとは思えない、アパレルにいそうな感じのひとだった。

話を聞いてみると、女性はマネージャーではなく、WEBデザイナーをしているそうで、マネージャーは数週間前に急に来なくなったそうだ。それで急遽、マネージャー候補を募ったということだった。

WEBデザインの基礎を一通り質問されて答え終わると、社長が顔をだした。いかにもというガタイの強面のおっさんだった。

そして大した質問もされずに、即採用になった。

山積みの問題

まず、蒸発したマネージャーの次に現状を把握と思われる面接官の女性が、わたしの入社日から1週間後に寿退社することになっていた。

そして、業務説明と引き継ぎを受けるにつれて、この部署がかなりひどい有様であることがわかってきた。

まず、一日経平均で発送が30件ほどにもかかわらず発送ミスが多発していた。さらにそのミスの対応や、雑なワークフローに振り回されて、無駄な残業だらけになり、やらなければならないことも後回しになっているような状況だった。

そして、1週間後には人も減る。かなり絶望的な状況だった。社長も当然WEBについてなど全く詳しくはなく、入社1週間にして、会社で一番部署に詳しい人間になってしまった。

できることから

最初にやったのは在庫を保管している倉庫の掃除だった。倉庫の掃除などほぼやっておらず、在庫は乱雑に積まれていた。社長の指示で、毎日終業後に棚卸しをしているが、その時点で数が合わないと何度も数え直すようなことになっていた。

わたしはまず、在庫をしっかり棚に整理し、在庫の開封を最小限にすることにした。

次にワークフローを整理した。そもそも、終業後に棚卸しをすることにあまり意味を感じなかった。数が合わない事がわかっても、商品はもう発送されてしまっているからだ。ミスが発覚し、クレームが来るのを待つだけになる。

ならば、発送される前に棚卸しをすればいい。前日の棚卸しの数から発送数を引いて予定在庫数を算出し、その数字と棚卸しの数が合致しない限り、発送しないことにした。

これだけで発送ミスは激減した。ミスがなくなったことで残業もへり、業務がいくらかスムーズに回るようになった。

薄い粗利と謎の契約

次に部署のキャッシュフローを確認した。キャッシュフローは悪くはないが、良くもなかった。何も考えず、社長が薄利多売の方針を推し進めたために、粗利は恐ろしく薄くなっていた。そして、工事部の数字を良くするために、こちらの事業部には工事部で使えない人や、社長の縁故のシステム会社との給与や契約金などが加算されていた。

システム会社は自社サイトの立ち上げの際に契約をして、完成後もそのままだった。その後毎月ほぼ何もしていないのに、月10万を支払っていた。しかも縁故なので解約もできない。

わたしはこのシステム会社を最大限利用することに決めた。

早速呼び出して、システムの追加や改修を推し進めた。棚卸しの際の時間を節約するために、発送する商品が確定したら、予想在庫数が自動的に算出されるようにした。

さらに、低スペックパソコンでも作業が滞らないように、CMSで扱う顧客データ量を最小に削った。これだけでも頻発していたフリーズがかなり解消された。

光明と暗雲

これまで書いたことを3ヶ月で行った。すると、見違えたように部署は余裕が出てきた。わたしは作業をアルバイトにまかせて、ECサイトの改修や、新しい商品の選定、価格設定の見直しなどを行った。この期間はやればやるだけ効果がでたので、楽しかった。絶望的な状況から光明が見え始めた。

しかし、部署がうまくまわり始めるとそれをよく思わない人間や、功績を奪おうとする人間が出てくる。

充実感を覚え、仕事に邁進しはじめたわたしの前に立ちはだかったのは以外にも社長だった。

<つづく>

転職のススメ 在職中の転職活動

わたしの転職回数は5回だ。社会人年数を考えるとかなり多い方だし、それだけ転職に失敗しているとも言える。

若いうちの転職は即戦力を求めている転職の市場において、そこそこキツイ。だが、今の会社の自分の明るい未来が感じられないのであれば、働き続けることがリスクになりうる。勇気が足りなくて転職に踏み切れないのであれば、それはのちのち後悔することになるかもしれない。

転職活動は在職中から

新卒の就職活動で、在学中の活動が問われるように、転職活動では在職中の仕事内容や成果などが問われる。つまり、転職活動をするのであれば現在の会社で何かしらの成果を得ることが必要だ。

わかりやすいのは営業で売上を上げて表彰されたとか、任せられたプロジェクトを成功させたというようなものだ。

そういったものがあると、面接で即戦力をアピールするのに十分な材料になる。しかし、転職活動をするのだから、そこでの仕事はうまくいっていないかもしれない。でももし、面接で使えるような成果を得ることが難しいのなら、なおさら転職活動を本格化したほうがいい。遅くなればなるほど成果の出ない会社では未来がない。

説得力があればいい

わかりやすい成果を得にくい職場であっても、「会社にこういう貢献をしてきた」という話ができるネタがあればいい。コミュニケーションの少ない会社で、サークル活動を初めて社内の交流を活発化させたとか、社内美化のプロジェクトを立ち上げて、社内環境をよくしたとか。そういう積極的な組織への貢献が、面接での高感度をあげるネタだ。こういうものなら、特に権限がなくても始められるだろう。

退職理由について

退職理由についても考えておく必要がある。単に会社が合わなかったから辞めた。ではまた辞めるのでは…という疑惑を持たれかねない。会社に貢献しようと努力したが叶わなかったというストーリーがほしい。

面接では会社の悪口は悪印象と取られることが多いので、事実であっても極力避けることだ。ただし、粉飾決算などの重大な問題などであれば言ってもかまわない。

※上場企業の場合、インサイダーにつながらないかどうかは考慮すること

とにかく、転職活動中は100%退職理由を聞かれる。それはしょうがないですねと採用担当者に思わせるようなストーリーはいくつか持っておく必要がある。

実際に面接で話してみて、反応をみながらストーリーを修正していくとなお良いだろう。

マネジメント経験は重要

マネジメントの経験は重要だ。役職がついていると、次の会社でもその役職でスタートできる可能性が高い。役職が付けば、当然給料も変わる。

もし、今の会社で役職がつきそうなら、もう少し転職を待ったほうがいいかもしれない。役職が付かないにせよ、何かしらのプロジェクトリーダーになっておくと、マネジメントの適性をアピールできるので、そういうチャンスがあれば積極的に手を上げることをおすすめする。

体力と職歴との天秤

今の会社でいい職歴が作れそうなら、作ってから転職した方がいいが、ひどい職場環境で、体調や精神をおかしくするくらいなら、すぐに転職をしたほうがいい。病気などになったらそれこそブランクが長くなって、転職活動も厳しくなる。

そこは自分が今の会社でどこまでやれるのか、どこまでやれば次の就職に活かせる材料が手に入るのかを天秤にかけて判断したほうがいいだろう。

次の転職がうまくいくとは限らない。だが、今の会社に未来がないのなら可能性のあるほうに進もう。転職する気力が残っているうちに、転職活動をおすすめする。

人工知能は人間から仕事を奪えるのか

人工知能が騒がれるようになって久しいが、人工知能についての意見は様々だが、目立つのは人工知能が人間を超えて、人間社会を支配したり、人間から仕事を奪う可能性があるということだ。

人工知能の今

人工知能は今どういう状況なのだろうか。正直、知能と言えるかどうか微妙なところだ。将棋や囲碁などで騒がれているAIに関していえば、まだ知能とはいえない。条件分岐に関わるAIはその条件の精巧さがものをいう世界であり、まだ人間が思い描いたプログラム通りに事が運んでいるにすぎない。

ディープラーニング

人工知能がプログラムから抜け出すのに、可能性が見えはじめたのがディープラーニング(深層学習)だ。

簡単にいうと、ディープラーニングとは、今までの人工知能が、大量のデータや、調整をしなくてはいけなかったものが、人工知能自身が大量のデータを自動的に分類できるようになり、分類されたデータについてそれが何かを教えてあげれば、より高い精度で解が導き出されるようになった技術である。

例えば、従来の人工知能の場合、大量の動物の画像を猫やペンギンなどに分類する際、見分けがつくように人間が判断基準を途方もない作業量をかけて調整していた。

ディープラーニングでは、大量のデータから人工知能が自動的に分類をかける事ができ、分類したものが何か教えてあげれば、次回からそれを判別できるようになる。

赤ん坊が「これは何?」と聞いてくるようなものだ。これは人工知能がより、人間に近づいてきたと言っていいと思う。

それでも、真の人工知能は遠い

ただ、これは自己判別ができるかどうかという問題が解決しそうであるということにすぎない。あらゆる可能性を検討してしまうがために動けなくなってしまう「フレーム問題」なども解決できていないし。知能には欠かせない「感情」の問題もある。

だから本当に人間の知能をプログラムで再現できる日は遠い未来なのではないかと思う。

奪われる仕事も限定的

奪われる仕事も限定的だ。人工知能を利用した自動運転などは安全性が証明されるまで配備できないだろうし、自動運転で事故が起きたら誰が責任を取るのかといった法律の問題もある。コールセンターが人工知能に変わるという話もあるが、全てコンピューターで返答されたら、お客はどう思うだろうか?そういった心象的な部分でも、人工知能の雇用への浸潤は限定的だと思う。

もし人間の替わりができるのなら

もしも、人工知能が完成して人間の替わりを作れるのならそれはそれで歓迎すべきことではないかと思う。なぜなら、ロボットだけで、経済を回す事ができるからだ。人間が働かなくてもロボットが働いてくれる。

食べ物もロボットが作ってくれるのである。きっと人間はもっと自由になれるのはないだろうか?ただ、人工知能がもし人間を超えてしまったらもしかするとロボットを支配していたつもりが、いつのまにか支配されている…といったSFの世界になってしまうかもしれない。

仕事に対する怒りは大切にしたほうがいい

仕事をしていると、いろいろなことがある。

嬉しいこと、くやしいこと、悲しいこと、むなしいこと。

数ある感情の中で、自身や同僚が何に怒りを感じるかということは心に留めておいたほうがいいと思う。なぜかというと 、その怒りを感じるポイントはその人を知るうえで重要だからだ。

わたしの場合

私の場合、筋が通らないことが怒りを感じるポイントだ。これは、物事の正しさということではない。例えば、そのひとが自分を悪だと自覚して、悪事を働いているとしても私はたいした怒りを感じない。だが、その悪事が明るみに出たとたんにつまらない言い訳をはじめたり、中途半端に善人ぶるようなことをするには怒りを感じる。

ちょっと分かりづらいかもしれないが、つまり悪党をやるなら、最後まで悪党でいてほしいのである。

物事が正しいか正しくないかよりも、わたしは筋が通っているか通っていないかで物事を判断する傾向にある。

いろいろな怒りのポイント

他人を知る上でも、この怒りポイントは重要だ。

実際にいた例で話すと、以下のようなものがある。

  1. ホッチキスの位置がずれていることに怒りを感じるひと
  2. ミーティングが時間通りに行われないことに怒りを感じるひと
  3. メールの返事が遅いことに怒りを感じるひと。

1は細かい部分にこだわりがあるひとだ。細かい部分が雑だと、自分を雑に扱われたような気分がするのかもしれない。

そのひとは、「神は細部に宿る」などの言葉が好きな人だった。もちろん細かい部分が雑であることはいいことではないが、それだけで全てが雑だということにはならない。だが、そのひとにとってはとても重要な事なのだ。

2はどうしても時間通りに行われないと不機嫌になるひとだった。スケジュールが完璧でないと気持ちが悪くなるのかもしれない。もちろん、自分のスケジュールは完璧にこなすし、ズレそうになれば、調整が行われる。調整も行われずにスケジュールがズレることはそのひとにとっては一大事なのである。

3はレスポンスが遅いと怒りを感じるひとだった。反応が遅いことは、優先順位が低いと感じてしまうのかもしれない。返事が遅いと催促が来ることもあった。

と、こういう怒りのポイントを把握しておく事は人間関係をうまいこと進めていくためにも重要なことだ。怒りを感じるポイントには、その人の本質が見え隠れする。その人の本質を把握しておくことで、無用な争いも避けれるし、うまく付き合える。

怒りを感じなくなったとき

怒りを感じるという事はどういう事だろうか?

私は、それだけ情熱があるのだと思っている。こだわりをもつということは仕事にそれだけの情熱を持っていなくては、できないことではないだろうか?

逆に何にも怒りを感じないひとは、その仕事に対して何のこだわりも持たないということになる。要はなんでもよいのである。

わたしも仕事に怒りを感じないひとと仕事をしたことがあるが、こだわりが全くないので私の言う通りにしか話が進まない。それはそれで都合が良いが、わたしの場合そのひとは上司であった。あまりにも私の言う通りに進むので、上司がどちらかわからなくなるほどだった。

しかし、その人も怒りを感じて辞めた。

何に怒りを感じたかというと、「土曜日にもたまに出勤しなければいけないから」だった。彼は仕事にはあまりこだわりを持たないが、労働条件にはこだわりがあるひとだったのかもしれない。少なくとも仕事に対しての情熱は少しも感じなかった。

怒りを大切にしよう

こだわりをもつことはいいことだ。こだわりすぎてもいけないが、情熱を持って仕事ができることは素晴らしいことなのである。

だから、もしあなたが仕事に怒りを感じる事があったら、その怒りはどこからくるのか、よく吟味してほしい。もしかしたらそこに新しい発見があるかもしれない。

仕事でやる気が出ないあなたへ

世の中には仕事はつまらないものであり、苦しい労働の対価としてお金をもらうのだという仕事観を持っているひとが結構いる。

あなたは仕事がつまらないものだと思っているだろうか?本当は楽しく仕事がしたいのでないだろうか?

つまらない仕事はつまらないひとが作る

日本には職業選択の自由があるのだからやりたい仕事が選べる。やりたい仕事ならば、仕事は本来、楽しいものであるはずだ。なのにつまらないのはなぜだろうか?

それはやりたかった仕事についたひとがその職場でつまらないひとが作った仕事に絶望するからだと思っている。

仕事はひとがつくり出す。そしてつくり出すひとが「仕事はつまらないものだ」と思っていれば、つまらない仕事をつくり出していくのである。

つまらないひとがつまらない仕事をつくり、つまらない仕事がつまらないひとをつくりだすのである。まさに、負のスパイラルが職場で起こっている。

一度、職場がつまらない仕事に汚染されると、どんどんつまらないひとが増えていく。そしてつまらない組織になり、組織に参加したひとをつまらないひとにしていくのである。

考えてみてほしい、会うたびに仕事がつまらないと話しているひとと、仕事が楽しい!といろいろクリエイティブな考えを発信するひと、どちらが魅力的なひとだろうか?

仕事を楽しくする魔法の言葉

仕事を楽しくする方法はただ一つだ。「楽しい」と思うことである。

今の仕事を少なくともあなたは選んだのだから、楽しく仕事をしたいと思っているし、できるはずだ。もし、周囲が仕事を楽しくする事を邪魔するのであれば、それを一切無視をして、楽しい仕事をしよう。そして仕事が楽しいと思っているあなたは、他のひとに楽しい仕事を渡す事ができる。受け取ったひとは楽しく仕事ができる。

そうしていると、ふしぎと楽しいひとが集まってくる。つまらない雰囲気のなかで、そこだけが眩しいオーラで光り始める。本当は仕事を楽しみたい!と思っているひとは、この光に呼応して、吸い寄せられていくのである。うまくいけば会社が楽しい仕事で溢れるはずだ。

もし、それができない職場であればおそらくその会社に未来はない。転職をおすすめする。つまらないひとにつきあって、つまらない人間になる必要性がどこにあるのだろうか?

孤独の中で声をあげる勇気

このやり方はおそらく最初とても孤独だし、勇気がいる。疎外感に打ちひしがれることも多いだろう。でも、同じように耐えしのぶならば、楽しい仕事のために耐え忍ぶほうが、有意義ではないだろうか?

少なくとも、わたしはそういうひとと仕事がしたいし、そういうひとのために仕事をしたい。だから、もし心の底に楽しい仕事がしたいという気持ちが少しでも残っているのならば、勇気をだして声をあげてほしい。きっとあなたの勇気を見ているひとがいる。同じ気持ちを持っているひとなら、放っておけないはずだ。

もし、楽しい仕事をしばらく続けていても反応が見られないのなら、おそらくその組織には楽しい仕事をしたいとおもっている人がいないのだろう。

光り続けることの大事さ

どんなつまらない職場であっても、光り続けている事で少なからずそういう人が集まるし、結果も出やすい。もし転職するにしても、そういう仕事をしたことは良いアピールポイントになる。

そして楽しく仕事をしている人は、良いオーラを発する。プライベートでも良い人が集まるし、それを通じてよいことも起こる。チャンスは人が連れてくる。もし今が絶望的な状況でも、光り続ける事で誰かがあなたを見つけてくれるはずだ。

だから、楽しい仕事をあきらめないでほしい。

つらく、厳しいとはおもうが、それでも仕事は楽しいものだと言い続けてほしい。光り続けていれば、きっと楽しい仕事に出会えるはずだ。