EsIdea -仕事について考える-

仕事や心理について

仕事について考える

スタッフのミスを指摘すればするほど、組織は衰退する

どこの会社にも「ミスを指摘することに命をかけているのでは?」と思うほど、他人のミスを探している人間がいる。 ミスすることに恐怖感すら覚え、他人の出来ないところばかりみては、あれができない、これができないと社内にマイナス思念をばらまいている。…

無能なマネージャーほど、残業をさせたがる

マネージャーは管理をするのが仕事だ。しかし、間違った教育や、そもそも教育を受けていない人間がマネージャーをやる機会が日本には多いと思う。 というより、マネジメントというものを軽視するフシすらあるように思える。 残業はイレギュラーである 残業と…

社長の器と会社の大きさは比例する

社長の器と、会社の大きさは比例する。ここでの器とは、一個人の職務遂行能力ではない。社長そのものである。もちろん運などの不確定要素も含む。 会社は社長の分身 会社は創業者の社長から生まれる。生まれてくる会社は社長の分身のようなものだ。ビジネス…

最低時給を上げるとどうなるか

最近、最低時給を1500円に上げろという運動を必死にやっているひとがちらほら目につくので、最低時給を上げるということがどういうことなのかを考えていきたい。 最低時給とは各都道府県で定められた賃金の支払い時給額の最低限度だ。各都道府県により、時給…

仕事を効率化する方法

仕事の効率化について悩む人は多い、単調で膨大な量の雑務に追われる日々は億劫でしかない。仕事を早く、正確に終わらせるにはどうすればいいのか? 根性と熟練に頼らない まず多くの人が目指すのはその作業の熟練度を上げることだろう。作業に慣れ、スピー…

学校教育と就職活動のギャップ

人生において学校教育を受ける期間はとても長い。義務教育は中学生までだが、多くの日本人は高卒以上だ。しかしその教育機関は昭和の時代からほぼ変化していない。 教育機関はなんのためにあるのか。それは、人材を育てるためである。ならば、教育は時代のニ…

収入を給料だけに頼る危うさ

仕事をするとなると、ほとんどの人が就職先の仕事にほとんどの時間と労力を消費して、他の時間は仕事のストレスを解消したり、家族や、他人のために時間をつかったりする。一般的な考え方をするとこれは安定しているといえるが、投資的な考え方をすると、こ…

人工知能は人間から仕事を奪えるのか

人工知能が騒がれるようになって久しいが、人工知能についての意見は様々だが、目立つのは人工知能が人間を超えて、人間社会を支配したり、人間から仕事を奪う可能性があるということだ。 人工知能の今 人工知能は今どういう状況なのだろうか。正直、知能と…

仕事に対する怒りは大切にしたほうがいい

仕事をしていると、いろいろなことがある。 嬉しいこと、くやしいこと、悲しいこと、むなしいこと。 数ある感情の中で、自身や同僚が何に怒りを感じるかということは心に留めておいたほうがいいと思う。なぜかというと 、その怒りを感じるポイントはその人を…

仕事でやる気が出ないあなたへ

世の中には仕事はつまらないものであり、苦しい労働の対価としてお金をもらうのだという仕事観を持っているひとが結構いる。 あなたは仕事がつまらないものだと思っているだろうか?本当は楽しく仕事がしたいのでないだろうか? つまらない仕事はつまらない…

ブラック企業を抜け出すために

自分の勤めている会社がブラック企業だと理解していながら、勤め続けてしまう理由はいくつかあると思う。 お金がない 転職できる自信がない 自分が抜けると周りに迷惑がかかる ありがちなのはこの3つだ。 お金がない 退職して転職活動をするとなると、最低で…

新卒に求められる資質と学校のシステム

時代の変化 シャープや東芝など、日本企業の中では安泰だと言われていた大企業が陰りを見せる中、もう大企業にいれば一生安全ということはないだろう。そして、有能な人材が集まったベンチャー企業が、大企業の利潤を虎視眈々と狙っている。 インターネット…

営業と製造とマーケティング

営業、製造、マーケティング この単語の羅列を見てうっ…となった人は多いのではないだろうか。企業が大きくなるに連れて会社の機能は人からチーム、部門へと変わり役割が分担されていく。製造は商品と言い換えてもいい。 この3つの要素は衝突しやすい関係に…

感情は連鎖する

社会は繋がっている。いいことも悪いことも連鎖し、波紋となって広がっていく。今回の話はその波紋の一部分だ。 連鎖する怒り 例えば仕事がうまくいっていない人がいるとしよう。妻帯者で子供もいる。名前をAとしよう。 まず、勤めている会社の経営がよくな…

社長の未熟さが組織の成長力を奪う

日本にある企業の約9割が年商10億に満たない中小零細企業である。 私が勤めた企業もほとんどがその範囲内だ。正社員として勤めた企業では最高で8億くらいである。どの企業も決して望んでその年商に留まりたいと思っているわけではなかった。少なくとも社長は…

残業について考える

本当に残業は悪なのだろうか?電通の問題を発端として、労働基準法改正の動きが活発化している。過剰な残業が起こる原因はなんなのか?労働基準法改正で解決に向かうのか?仕事における残業のあり方について考えてみる。

個の時代

仕事における個人の力について考える。個の時代が叫ばれる昨今であるが、日本の社会はそれに適応する準備ができていない。個の時代がもたらすものはなんなのか?、ロボット技術や人工知能でなくなる仕事。古い体制にしがみつくような会社は淘汰されていく。

自分の人生を生きる

心が健康なひとは他人に影響されはしても、操作されることはない。それは自分の人生を自分で操舵しているからである。本来人は自分の人生を自身の意思で生きるべきなのだ。他人に自分の人生を奪われないための生き方とは?

心を疲弊させる悪意

ブラック企業を渡り歩いていると、日々の仕事の中で人の心がどうすれば壊れていくのか、疲弊していくのがが分かるようになる。 そのうちのいくつかを具体的な例をあげて説明していく。他人の悪意に振り回されないための生き方を考える。

敬意を持たない人々

仕事をする中で、 他人に敬意を持てず、偉そうにしているひとを多く見かける。私はそういう人を本質的に心が弱いひとだと思っている。そういった心の弱さ、敬意の無さは、仕事をしていく中で様々な行動に現れる。具体例をあげながら考察していく。

逆境で大切なこと

逆境で大切なことはなんだろうか?仕事をしていれば、何度も困難に直面する。そんな逆境にどうやって立ち向かうのか、絶望に飲まれないためにはどうすればいいのか。私がそのような場面になったときに思い出すようにしていることを3つ紹介する。

行動から本心を読み取る

仕事でのコミュニケーションは事実が重要である。言葉に重きをおいてしまうと惑わされてしまう。仕事においては行動のみに注視するとその人の本心がわかりやすくなる。言葉と行動が一致するか、仕事の約束が守られるかどうかが信用されるかされないかのカギ…

自己評価と仕事

仕事の人間関係において、自己評価はとても重要だ。自己評価を考えるにあたってまず、4つのタイプに分類し、各タイプの特徴を述べる。そして仕事をする上で一番好ましい状態を考察する。あなたはどのタイプだろうか?

社会ってそういうものだから

「社会ってそういうものだから」この言葉が私は嫌いだ。仕事をしていると、この言葉はよく聞く。たいてい、自分よりも上の年齢の人間からだ。自分でそう感じるのはいいが、ひとにそれを押し付けてはいけない。

ビジネスモデルで仕事を選ぶとどうなるか

何回かの転職を重ねて、私は会社のビジネスモデルが仕事環境と関連しているのではないかという仮説をたてた。つまり、低コストで儲かっている会社なら、職場環境が良いのではないかということだ。その結果、そう単純ではないことがわかった。

仕事におけるメールの重要性

仕事において、どんなものでもメールを使わない、ということはないと思う。今回はメールについて、言及しようと思う。 私はメールが下手な人は仕事も下手だと思っている。他人に分かりやすいようにメールを打とう。雑なメールであなたは思った以上に損をして…

横文字を乱用する人は管理職に向かない

横文字とは、主にWEB業界やコンサル業界などで使われる一般人には理解できない用語のことである。仕事でそういった用語を知らない人にぶつけてくる人は果たして優秀であるのか?業界に氾濫する横文字多用上司に言及する。

ブラック企業に疲れたという人へ

わたしもブラック企業と断言できる会社に何社か在籍していた。ブラック企業に食いつぶされて、精神をおかしくした人、蒸発した人も多く見てきた。 この記事を見て、そういう人がひとりでも減ってほしいと思う。 ブラック企業を転々とした話はこちら▼ shigoto…

感情は相手を支配する

社会には感情を露わにすることによって他人を振り回す人間が多く存在する。 仕事においては特にそうだが、私は感情的なパワーゲームをしかけてくる人間を信用しない。他人を感情で相手を支配しようとしてはいけない。自分の弱さを克服し、対等なコミュニケー…

会社を衰退させる病

衰退していく会社をなんとかしようと奮戦したが叶わず、転職に転職を重ねた筆者が今思うこと。会社を衰退させてしまう病とはなんなのか?仕事とはいったいなんなのだろうか?衰退していく会社の特徴とその病巣を考える。