EsIdea -仕事について考える-

仕事や心理について

横文字を乱用する人は管理職に向かない

横文字とは

横文字とは、主にWEB業界やコンサル業界などで使われる一般人には理解できない用語のことである。例えば、リスケ(リスケジュール)は予定を変更することだったり、アグリーは同意の意味だったり、スキームは基本構想のことだったり、意味を聞いてもわからないものが結構あったりする。

そもそも業界内では知って置かなければいけない単語がかなり出てくる。専門用語というやつだ。これは仕事上覚えて置かなければいけないことだし、それこそ業務経験といえるものだろう。努力すべきである。

しかし、業界用語を覚えたとして、プライベートでも同じ言葉を使ってコミュニケーションをとるだろうか?うっかり口にすることがあったとしても、乱用することはないはずだ。なぜなら相手はその単語を知らないからだ。

言葉とは意図を伝えるものである

専門用語がなぜ使われるのかといえば、互いに理解している間柄であれば、意思疎通が早いからだ。説明が省け、時間の節約になるし伝わりやすい。

だが、言葉とは相手に意図を伝えるためのものだ。相手が知らない単語は極力避けるべきである。それを、横文字を乱用する人は気づかなければいけない。

発言者は言ったことが伝わらない。言われた方も、意味を調べて解読するところから始めなければいけない。お互いに不幸である。

しかし、相手が言葉を理解できるか?というのはだいたい分かるはずだ、なのになぜ横文字を多用する人間はそれをやめないのだろうか?

横文字をつかうのがかっこいいから

おそらく理由はかっこいいからだ。というかかっこいいと思っているからである。もしくは相手が理解できていないことを把握できないほど鈍いか、どちらかだ。そういう輩に限って、分からない人間を見下したりもする。知っていることをひけらかして自慢する、その幼稚な心がこの問題を産んでいる。

横文字を乱用する人は管理職に向かない

横文字が理解できない人にとって、横文字を多用する人はちょっと頭がいいように見える。これを誤解して、管理職などに据えようものならもう大変である。

相手を理解してその人に合ったマネジメントができるのが優秀な管理職であるが、相手が理解できない用語を乱発して、コミュニケーションをとった気でいる人間にそれができるだろうか?

少なくとも管理する側の人間は自分のエゴを押し付けてはいけない。むしろそういう人間がいても、うまく組織に貢献できるように調節するのが管理職という役割である。