EsIdea -仕事について考える-

仕事や心理について

100社以上落ちて超絶ブラックに新卒入社した話 就活編

私が就職活動を始めたのは大学3年の夏だった。

芸術系の大学だったためか、周りで就職活動をしているような人間はほぼいなかったが、数ヶ月立つ頃にはみんなが焦り始めた。

何故か?そう、リーマンショックだ。

リーマンショックにより、そこそこの人数だった就職説明会はどこへいっても盛況という状態になった。多すぎたためか、説明会で選考が行われるような会社もあった。

正直、その頃の私はなんの取り柄もないコミュ障ほどではないにしろ、明るくもない平凡な学生だった。幼稚園から延々いじめを受け続けて中学受験をしてもその悪循環から抜けられず、やっと大学でまともな精神を取り戻した程度の人間だった。

そんな人間が有名企業の最終選考に残れるはずがなかったのである。

4年の夏になるまでに3社くらいのインターンを経験したが、1次は通っても2次~最終にかけて落ち続けた。100社以上は確実に落ちた。

私は方針を切替え、好きな業種の中小企業に狙いを定めた。それでも落ちた。落ち続けた。秋頃にはもうなりふり構わず会社を探した。

その中で、自分からブースを設けて、プレゼンをするような逆説明会のようなイベントに参加することにした。「逆求人」というものだった。

そこで、3社からオファーを受けて、1社内定をもらうことが出来た。ベンチャーで飲食店のコンサルティングをしているという会社だった。

今なら、もう聞いただけでブラック企業だとわかるが、当時の私は藁にもすがる気持ちであった。そういう気持ちになるほど、あの頃の就職状況は冷え切っていたし、度重なるお祈りメールに精神が病んでいた。疲れ切っていたのだ。

その後、内定式までに、インターンをすることになった。売上の上がっていない店舗の周辺で飛び込み営業をおこなったり、ビラ配りをすることで、売上3倍を目指すというものだった。

引っ込み思案であった私だが、もう後には引けなかった。

<つづき>

shigoto-toha.hatenablog.jp