EsIdea -仕事について考える-

仕事や心理について

100社以上落ちて超絶ブラックに新卒入社した話 終

店舗を出てから地元の駅に到着するまでのことはあまり覚えていない。

駅を出て見慣れた地元の駅の風景を横目に歩きはじめた。時刻は12時過ぎ。人影のない道を歩いていると、足がひどく重くなってきた。だんだん体から力が抜け、コンクリートの上に倒れこんだ。

動こうとしても動けなかった。5月の湿り気を帯びた空気と自分の脂汗がとても気持ち悪く感じられた。時折通りかかる人はいたが、酔っ払いかなにかだと思っているのか無関心だった。しだいに呼吸が浅くなり、意識が薄れていった。

気絶していたのだろう、気づいた時にはすでに1時を回っていた。

なんとか立ち上がり、ゆっくりと休みながら普段は10分もかからない道を30分くらいかかりながら家に帰り、寝静まった家族を起こさないように、部屋に戻ってベッドに倒れこんだ。

最悪の朝

朝になり、親に起こされていつも通り5時に朝食を食べる。

「仕事辞めたよ」

そう親に告げた瞬間、涙が溢れた。心が折れるってこういう事なんだなと思った。一生懸命やった就活はなんだったのだろうか?100社以上落ち、がむしゃらに掴んだクジはとんだ貧乏くじであった。

それからはとにかく寝た。絶望的な考えが浮かばなくなるまで、寝続けた。

小さな復讐

1週間経ち、体調もそれなりになってきたところで、兄に勧められ、労働基準監督署に行く事にした。最初に対応してもらったおばさんはひどい対応だったが、出直してから担当になったおじさんはいい人で対応が早かった。

おじさんによると残業代が請求できるということで、日報を元に残業代を計算した。すると1ヶ月半にもかかわらず、残業代は50万を軽く超えた。

おじさんに促されるまま、書類を作って特定記録郵便で督促状を送った。1ヶ月待ち、連絡がないことを理由に監督署が連絡を入れ、示談に入った。

結局、示談金は15万だったが、いくらか心は晴れた。

倒産

3ヶ月後、出向していた子会社は社長の自己破産で倒産した。親会社はそのままだったので、おそらくトカゲのしっぽ切りのように、親会社が稼ぐだけ稼いで捨てられたのだと思う。新卒のわたしたちだけでなく、会社自体が捨て駒だったのである。

その頃わたしは、専門学校に通いながら就職活動をしていた。

親会社も倒産

2年後くらいだろうか、定期的に親会社のホームページを見ていたが、急にホームページがなくなっていた。いろいろ検索すると、投資詐欺で告訴をされているようだった。売れない場所を居抜きして、ガタガタのフランチャイズで強引に売上を作り、その店舗を別のオーナーに売り払ったうえ、暴利の食品を卸して搾り取るというビジネスだったので、かなりの人が売れない店舗を買わされ、痛い目を見たのではないかと思う。

真のブラック企業は社員も顧客も社長自身でさえ不幸にする。

おそらくブラック企業がなくなることはないだろうが、それでも、こういう会社が世の中に生まれてこない事を祈るばかりである。