EsIdea -仕事について考える-

仕事や心理について

第二新卒で部署ごと丸投げされた話 3

社長はわたしのミスというミスを洗い出し、叱責するようになった。そして、出来ないことを罰として与えたりもした。

終業間際に、今日中の依頼をしたり、無理な要求をすることも多くなり、次第にわたしは目に見えて反抗をするようになった。

歪んだコミュニケーション

社長は自分が一番でないと気が済まないタイプだった。人事も周囲に断らずに行い、ろくでもないひとを採用することが多かった。それは、自分よりも明らかに下の人間を優先して採用していたからだ。わたしの場合、引き継ぎを行った女性社員が主に採用を行ったので、社長にとって誤算でだったのかもしれない。

わたしにはわざわざ能力の低い社員を雇い、虐げた上で従順にさせるという、非道な人間に見えた。

少なくとも、純粋に会社に貢献しようと努力をしていたわたしにとってこの歪んだコミュニケーションは最大の侮辱だった。

会社の利益を一番に追求すべき人間が、自分の腐ったプライドを満たすために、他の人間を食い物にする光景を見て反吐が出そうだった。

社会に出て初めて心の底から怒りを感じた。

邁進する日々

わたしは徹底的に、社長の悪意を無視し、淡々と日々の仕事をこなしていった。

スケジュールを決め、チームで相談しながら(例の女性社員は除く)どうすれば利益を出せるかのみ追求していった。社長にとっては、自分は蚊帳の外でわたしの事業部だけがうまくいっていくのが、心底気に入らなかっただろうと思う。

そして入社して6ヶ月後には過去最高益を達成した。社長からは大した利益はでていないと嫌味を言われ、気分は最悪だったが達成感があった。

すでに社長も女性社員も蚊帳の外だった。工事部のひとたちとも、一緒に仕事をしたり、パソコンのサポートなど行ううちに、信頼されるようになった。問題なのはこのふたりだけだった。

失敗と恫喝

ある日わたしは仕事のミスをした。分納するはずの商品を、1箇所に納品してしまったのだ。その日の工事に必要なものだったので、先方を怒らせてしまった。

社長はペーパードライバーのわたしに、埼玉まで一人で納品しにいけと命令した。結局わたしはそれを断り、運転の慣れている部下にお願いをして納品してもらった。

トラブル自体は落着したが、社長はそのミスをネタに再度わたしを恫喝し、終業後に夜通し車でビラ配りをするように要求してきた。わたしはミスについて謝罪した上で、それを断った。

「労働契約にない仕事をはしません」と伝えると「労働契約だってよ!」と大笑いをした。そう、労働契約など社長にとってはただの紙きれであり、自分の命令は絶対というふうに経営をしてきたのだ。

わたしは恫喝する社長を無視して会社を出た。