EsIdea -仕事について考える-

仕事や心理について

無能なマネージャーほど、残業をさせたがる

マネージャーは管理をするのが仕事だ。しかし、間違った教育や、そもそも教育を受けていない人間がマネージャーをやる機会が日本には多いと思う。

というより、マネジメントというものを軽視するフシすらあるように思える。

残業はイレギュラーである

残業というのは基本的にイレギュラーだ。労働契約書にも定時が記載され、残業が発生する場合は、残業代を支払うようになっているのが基本である。

しかし、ブラック企業ではこのような基本は忘れ去られている。含み残業代という魔法の言葉と、ずさんな管理体制のもとに労働者が無限に働かされる環境が出来上がっているのだ。

残業というのはある意味、保険だ。もしトラブルが起きても、定時以降、会社に誰もいなくなってしまうような状況を防ぐためのシステムである。

そして、法でガチガチにしてしまうと、業態によっては立ち行かなくなってしまうため、そこそこの幅を持たせ、現場の人々に判断を任せている。

だが、やろうと思えば出来てしまうことに対して、悪意ある人々は容赦をしない。含み残業を設定しつつ、タイムカードを用意しなければ、含み残業以上の労働力をタダで使うことができる。

なおかつ、基本給を低く設定し、含み残業代を含んでいないかのような低賃金を設定するのだ。実際、応募をして契約の段になると、ありえない基本給を提示してくるような低俗な会社は多い。そして立場の弱い人間はその契約書にサインをしてしまう。

長く働かせるマネージャーほど有能という文化

そのような会社では、労働者を長く、効率よく働かせる人間ほど出世をする。薄給で奴隷のように人間を使い尽くすのだ。

そして、労働者もそこから逃げない。学歴の低い者、職歴の薄い者、自信のない者、技術のない者。そういった社会的弱者を食い物にするのがブラック企業だ。そしてそういった会社で管理職になる人間は、その間違った社会経験から、間違ったマネジメントを展開することだろう。

そうやって、ブラック企業の文化は醸成されていく。

残業をする人間もさせる人間も能力が低い

何の能力が低いのか?それは管理能力だ。少なくとも、残業が推奨されていない環境で、常時残業しなければ作業をこなせない人間は能力が低いと言わざる得ないだろう。そしてその上司の責任はさらに重い。

管理しなければいけない人間が管理できていないことになるからだ。管理のできない管理職など必要だろうか?

そもそも、社会人として自己管理能力が欠如しているのは、非常に危うい。自分すら管理できない人間に案件や組織を管理できるはずがない。

就職活動において、浪人や、留年がハンデになるのと一緒だ。当然納得のいく説明を求められるだろう。

マネージャーほど難しいものはない

少なくとも前述したような管理を放棄した人間はマネージャーとは呼べない。マネージャーは技術以上に人間力や器が求められる。カリスマといってもいい。

規模の違いがあれど、組織がよりよい方向に向かうよう導くのがマネージャーの役目だ。ひとりよがりな行動をしたり、自身の欲や、コンプレックスを解消するために、他人を道具にし、権力をふるうような人間には誰も心からついてきたりはしない。