EsIdea -仕事について考える-

仕事や心理について

第二新卒で部署ごと丸投げされた話 5

 

退職日は1か月後になった。

事業部長となった女性社員の態度はさらに硬化し、話しかけても無視されるようなひどい有様であったため、引き継ぎは無理と判断した。

わたしは書き溜めたマニュアルをせめてアルバイトの女性への迷惑が軽減されるようわかりやすいように整理をして引き継ぐことにした。

転職活動期間は短かったが、ECサイト理経験者は転職市場での受けが良いようで、わりと早く内定がもらえた。またその会社もブラック企業だったが、その話は次回にまわす。

会長と退職金

退職日も近づいたある日、社長の父親である会長から退職金として5万円が渡された。「申し訳ない」と頭を下げられた。

普段、社内で社長が何か問題を起こすたびに、会長が火消しをおこなっていた。社長はすぐに頭に血がのぼるタイプなので、激高しては暴力行為を繰り返していた。

「育て方を間違えた」と会長はよく言っていた。こんな温厚な会長からよくあんなキレやすい息子が生まれたものだと思ったが、よくよく話をきくとどうやら母親がそういう気性だったようだ。

おそらく、会長は奥さんに振り回され、社長はそのライフスタイルを継承してしまったのだろう。そういう面で会長にはどうしようもないことであった。

「気にしないでください」とだけ伝えた。

退職後のはなし

予想はできると思うが、部署は瓦解した。

わたしの退職後、アルバイトの女性が辞めたのだ。残りは戦力外のふたりだけとなり、崩壊は目に見えていた。本来ならそこで管理のできる人間を雇うべきだったが、社長は戦力外のふたりを恫喝しまくったらしい。

縁故の男性社員は退職し、事業部長となった女性社員は精神病院に入院したまま音信不通となった。

わたしにも電話があった。

アルバイトで戻ってこないかというふざけた内容だったので、入社ではなく、コンサルティングならいいですよと返事をしたが、もちろん連絡はなかった。

その後は縁故のシステム会社が代理で細々と運営をしている。