EsIdea -仕事について考える-

仕事や心理について

社長の気分で社員が彷徨う会社 2

前回

shigoto-toha.hatenablog.jp

社長の遊び場となっている社内は、社長の趣味のもので溢れていた。ゲルググガンプラシャア専用)や埃をかぶったギターなど、およそオフィスとは呼べない風景であった。

そんな、他人の家の中で仕事をさせられているような環境で、私は黙々とECサイトの開発を進めていた。

社長は新入社員や、インターンを使って遊ぶ傍ら、本業にはそこそこ追われていて、1週間に2回くらいは外出をして、得意先に顔を出し、インターンに手伝わせながら、SEO業務を続けていた。

社長の机には常にレッドブルが積み重なり、あたりはレッドブル臭に満ちていた。わたしは「早死にしますよ」といったが、「長生きする気ないから」と言っていた。幼い娘が二人いた気がするが、気のせいだろう。

なにも実らない事業

会社は5年ほどやっていたようだが、本業のSEO事業の他は何も育たず、本業すら昔の人脈に頼った収入であった。社長は日々のSEO業務や資料作り、コンサルティングのための外出に追われて、新事業の育成などに割く時間は全くない様子だった。

出来たのは売り上げのない、片手間で作ったECサイトと、アクセスのないアフィリエイトサイトだ。

本来であれば、本業を社員に任せて、新事業の育成を行うか、もしくは営業を雇って本業を育てていくかという流れになるのが王道だと思うが、社長は人にものを教えたり、任せたりすることが絶望的にできない人間であった。

その時点で、この会社を成長させられる可能性はほぼゼロであった。

大口契約の解除と開発の中断

入社して2か月もたち、ECサイトも一応形になった。

あとは決済の手続きや、セキュリティ周りの開発を終えれば開店できそうな状態になったところで、事件は起きた。毎月100万近くを支払ってくれていた大口契約が解除になったのだ。

この会社の月の売り上げは多くても300万ほどだったので、この契約解除は致命的だった。一応余剰金で数か月はしのげるが、その後はじり貧ということをある日の朝礼で社長が告げた。

そして、あろうことか解決策については、社員やインターンに丸投げしたのだった。

ECサイトについては、開発も終わっていないにもかかわらず、月100万の売り上げ目標を突きつけられた。もちろん無理なので、社長にもそのように伝えたが、「無理とかではなく、コミットしろ」とのことだった。(社長は横文字が大好きだった)

私は「300万の広告費をかければ100万の売上は不可能ではない」と皮肉を込めて話したが、そんな金はないとのことだった。(そんなことはわかっているが)

ECサイト開発は中止になり、他の売り上げの立たなかったECサイトと同じ、外部システムを利用した簡素なサイトとしてリリースされることになった。コミットはしなかったが、初月の売り上げ目標は100万で、予算はゼロだ。

そして、何の希望持てないECサイトのリリースとともに、私は転職活動を再開した。

入社をして4カ月目のことだった。